FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Sound Engineのwma対応(decode)について
pensterです。

今回は、SoundEngineのwmaファイル対応について書きたいと思います。

先日、購入したICレコーダ(Voice-Trek V-62)は、wmaファイルで録音されます。
本ブログで使用する場合、mp3ファイルに変換する必要があります。

そこで、以前から行おうと思っていたSoundEngineのwma対応を行うことにしました。

手順は、次の通りです。

1.wavextをインストールする。

最新版の「wavext102.zip」をダウンロードします。(Vectoからダウンロード出来ると思います。)
解凍後、スタート→プログラム→アクセサリ→「コマンド プロンプト」を起動し、コマンドラインからインストールしたフォルダに移動し、『regsvr32 wavdest.ax』を実行します。
「wavdest.axのDllResisterServerは成功しました。」というメッセージボックスが表示され、[OK]を押せばインストール完了です。

2.wavext.exeとwavdest.axをSoundEngineにドロップする。

wavext.exeとwavdest.axをSoundEngineにドロップ、
もしくは、
%APPDATA%\Cycle of 5th\SoundEngineにwavext.exeとwavdest.axをコピーします。

3.SoundEngineのコマンドラインにコマンド追加する。

SoundEngineを起動し、コマンドライン・タブをクリックします。
ライブラリーをクリックし、適当なファイル名を入力します。(例:wma_wmv decode)
コマンドラインに下記テキストを入力します。
(「wavext」は、wmvファイルにも対応しているので、wmv対応ののテキストも書いてあります。)

[Open]
Extension=wma
Execute=wavext.exe
Parameter= 2 44100 16 $src $dst
Text=wma decode

[Open]
Extension=wmv
Execute=wavext.exe
Parameter= 2 44100 16 $src $dst
Text=wmv decode

soundengine_wma.jpg

記入後、保存をクリックすれば終了です。

これで、SoundEngineでwmaファイルを読み込むことができると思います。

SoundEngineでwmaファイルを読み込み、mp3ファイルで保存したサンプルを下記に付けます。




 Sound Engineのmp3対応について
 ICレコーダについて


テーマ:フリーソフト
ジャンル:コンピュータ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。